雇用形態の違い

求人情報を見てみようと思っている方は、雇用形態にも注意しなければいけません。求人情報として紹介されている雇用形態は、主に正社員、契約社員、派遣社員の三種類になり、業務内容に大きな違いはありませんが、雇用条件が全然違っておりますので、事前にチェックする必要があります。

派遣社員は、会社と自分の契約ではなく、派遣会社に登録し働く事になり、雇用形態は会社と派遣会社になります。派遣社員の場合には、正社員よりも会社を辞めるリスクが高く、お給料も少ないといったデメリットがあります。契約社員は、会社と自分の間で何らかの条件などの契約をする雇用形態です。会社によって条件は様々です。特に多い契約社員は、半年だけの限定の雇用であったり、半日勤務など正社員と違った働き方が出来るようになっております。

正社員は、みなさんが思い浮かべる就職の形になると思います。雇用期間が限定されておりませんので、基本的には定年まで働き続ける事になります。正社員の場合には、派遣社員のようにむやみに解雇されるような事はありません。しっかりと社会保険などに加入する事ができますので、生活や収入を安定させる事ができます。よっぽど特別な理由が無ければ正社員として働く事ができる求人先を探すようにしてください。

雇用形態の違い



詳細はこちら

週休2日制の罠



詳細はこちら

社会保険完備の内容



詳細はこちら


 
Copyright©2017 求人情報でチェックしておきたい部分はここだ! All Rights Reserved.

リンク集 | サイトマップ